ガラス成型

宙吹き

型を使わないで吹き竿に息を吹き込んで形成する方法。

この成形方法は、高度な熟練と技術を必要とします。

型を使用せず、また加工工程中は常に細工窯で加熱し、表面を軟化させて仕上げていくため、ガラス表面の光沢と曲線の美しさは、他の成形法にては得られぬものとなります。

1つから製作可能・自由に形を作れることがメリットです。

製作風景

宙吹き

宙吹きで作れるもの

宙吹きで作れるもの

型吹き

型を使って、外形を決めながら空気を入れて吹く方法。

ガラスを回しながら空気を吹き込む「まわし吹き」と回さずに吹く「吹き込み」の2種類がある。

成型する時に特定の型の中に吹き込んで形を整えます。

同形状のものを比較的安価に製作することができます。

製作風景

型吹き

型吹きで作れるもの

型吹きで作れるもの

プレス

プレス成型法。

ガラス器の仕上がりの形や模様を内側に彫り込んだ、凸凹2つの型を用意し

凹型(胴型)に溶けたガラス種を流し込み、凸型(矢型)で押して作る成形方法。

製作風景

プレス

プレス成型法でつくれるもの

プレス成型法でつくれるもの

流し込み

凹型の金型の中に溶けたガラスを流し込んで成形する方法。

製作風景

流し込み

流し込みでつくれるもの

流し込みでつくれるもの

圧迫

特定の型の中で空気を入れながら止めて成形する方法。

半自動化した型吹きの製法です。

圧搾空気を使用して金型に施された模様をガラスにつけることができます。

ビンなどの量産品の成形に適しています。

製作風景

圧迫

圧迫成型で作れるもの

圧迫成型で作れるもの

Silhouette

会社概要

従業員Blog